風邪はどれくらいで治る?経過を意識しよう

子どもの風邪はどれくらい続く

風邪の症状がでたら、早く治ってほしいのもですが、大抵はたどる道があります。

その流れを認識しておく事で、心配しずぎることもなく、適切なケアをしてあげる事ができます。

子どもも、大人も風邪の流れはほとんど同じ。
一般的な風邪がたどる道を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

風邪の症状とたどる道を理解して心にゆとりを

1、ウイルスの侵入

口や鼻からウイルスが入ってきます。
まだまだ子どもは元気です。
ウイルスが入ってきたなんて、もちろん感じません。

2、ウイルスが体内で増殖する

まだまだ子どもは元気です。
ウイルスの増殖なんてもちろん感じません。

3、初期症状がでる

なんとなく、体の異変に気づきはじめます。

頭がボーっとする
喉がイガイガする
咳がでる
吐き気がする
下痢がでる
熱っぽい

この頃には体内でウイルスに対して攻撃が活発になってきます。
攻撃が活発になると体温が上がってきます。

4、悪寒

気温がそんなに低くなくても、それ以上に寒気がします。
悪寒がする場合は、温めてあげましょう。

5、体温上昇、しんどさがピークに

体温が上がりきり、しんどさもピークに。
4とは異なり、今度は水枕などで冷やしてあげましょう。
食欲もなくなってきますが、しっかりと水分はとりましょう。

6、解熱

5から2−3日で熱も下がり、日常生活に戻ることができます。

子どもは、5の体温上昇としんどさがピークになっても、早く熱が下がるケースもあります。
でも、また数時間後には熱が出ることも。

この状況で、ママは「熱が引いて治ったのに、短時間でまた熱!?余程の病気では!」
と考えてしまいますが、

解熱まで2−3日かかるので、その間は熱の変動はあると考えておきましょう。

まとめ

子どもが風邪を引いても、その経過を理解し、その時に応じた適切な対応をしましょう。
風邪をひいて、熱がでたら2−3日は続くものと考えておきましょう。
食欲がなくても水分はしっかり取るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする