子どもの風邪に抗生物質は飲ませない方が良いのか?

風邪に抗生物質は必用か

抗生物質はなるべく使いたくない、、、
そのような意見がパパ、ママからも出ています。

でも、医者に処方されたのであれば、指示に従うべきなのか、、
と悩んだことはありませんか?

このような悩みは、大抵の場合、医師と親との間でしっかりとコミニュケーションが取れていないのが原因です。

ママやパパも忙しい先生には遠慮がちになってしまい、お薬についてしっかりと話しを聞く事ができなかったり、

先生も時間が限られているなか、多くの患者さんを診なければいけませんので、一から抗生物質についての説明をしていてはきりがありません。

まずはしっかりと抗生物質について理解して、風邪の時の抗生物質の必要性を考えましょう。

スポンサーリンク

抗生物質はウイルスには効かない

抗生物質は抗菌薬、抗菌剤とも言われます。
抗菌薬は字の通り細菌をやっつける薬です。
よって、体に悪い影響を及ぼしている菌には有効です。

しかし、体に必用な良い菌(常在菌)まで退治してしまうのです。
良い菌は鼻、喉、皮膚、腸など体中に存在しています。
ウイルスや細菌の侵入を防ぐのに大切な役割を担っていますが、抗菌薬はそれらの良い菌にも影響を及ぼしてしまうのです。

また、風邪の原因の80〜90%はウイルスだといわれています。
抗生物質はウイルスには効きません。 このことからも、風邪をひいたらすぐに抗生物質というのはあまり好ましくないといえます。

では、ナゼ医師は抗生物質の処方するのか

上記の説明だけ聞くと、風邪の時に抗生物質を処方する必用は無い。
という考えになるかと思います。

実際に、抗生物質の処方を控えている先生も多くいます。

しかし、状況によっては抗生物質を処方されます。
その考えられる状況は

風邪で体が弱っているところに、悪い菌が侵入し症状が悪化するのを防ぐ、又は悪い菌で悪化している状況を抑えるためです。

先生も風邪で苦しんでいる子どもたちを、
早く回復させてあげたい。
これ以上酷くならないようにしてあげたい。

という気持ちです。ならば、症状が悪化しないよう手を打つこともあるのです。

当然ですが、先生は抗生物質について理解しています

熱が出た=抗生物質
怪我をした=抗菌剤

という考え方ではメリットよりもデメリットが多いことが分かってきました。
とりあえず抗生物質を処方するのは古い考え方で最近は少数派になりつつあります。

そのような中で抗生物質を使った方がメリットがあると判断した時に処方されます。

まとめ

以上の事を理解した上で、疑問があれば先生や病院に確認してみると良いでしょう。
先生によっては、あまり強い薬を処方しない方もいます。必要性を十分考慮してのことでしょう。

中には抗生物質をよく処方する先生もいるかもしれません。症状の悪化を懸念してでしょう。

先生の経験や、子どもの症状に合わせた処方ですので、疑問に感じることは先生に相談しましょう。そのような相談に一切応じない、対応が悪いと思うのであれば、他の先生に相談が望ましいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする