脱水症状に注意 体調不良時に良いORS(経口保水液)の作り方

子どもの脱水症状

脱水症状と聞いて、大人が一番に思うのは
夏場に水分をしっかりとらないと、脱水になる。

と考えるでしょう。

しかし、夏場以外でも脱水症状は起こりえるのです。
特に乳幼児の場合は、水分補給を自分で適切に行なうことができません。

子どもは親の管理のもと、水分を貰う形になるので、必用な時に与えないと脱水症状を引き起こしてしまいます。

夏場以外で、脱水の危険性があるのは風邪の時です。
発熱時は水分を取る事も辛い状況が続くこともあり、そのままにしてしまうと脱水状態になります。

ではどのような症状が脱水のサインなのでしょうか。確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

子どもの脱水症状

  • おしっこの量少ない(半日以上出ていない)
  • 泣いても涙がでない
  • 目が落ちくぼんでいる
  • 呼吸があらく、ウトウトしている
  • 皮膚が冷たい、顔色が悪い
  • 皮膚、口、舌が乾燥している
  • 1日6回以上、水のような便が出る

喉が渇いていれば、乳幼児でも、何かしらのサインを出します。
しかし、喉が乾いていないが、水分が失われている時(風邪、下痢など)は子どもの飲む意欲がなく、脱水を起こしてしまうことも。

上記のようなサインがあれば、脱水の可能性があるため早めに診察を受けましょう。

体調不良のときに適している飲み物

発熱のときはどのような水分でも問題ありません。
お水、お茶、イオン水、乳幼児であれば母乳、ミルクです。

注意点は下痢の時と、発熱で汗をかいている時です。
下痢は汗と比べても、多くの塩分を含んでいるため、水だけでなく、塩分の補給も必用となります。

おすすめはORS(経口保水液)です。
汗をかいたとき(運動や発熱)もORSが良いでしょう。

経口補水パウダーダブルエイド 10包
by カエレバ

自宅で作るORS(経口保水液)

  1. お湯(水)1リットルに
  2. 食塩小さじ1/2杯(3グラム)
  3. 砂糖大さじ4と1/2杯(40グラム)

あとは混ぜるだけです。

レモンやグレープフルーツなど果汁を入れると飲みやすくなります。
保存はできないため、作ったその日のうちに飲むのがよいでしょう。

まとめ

脱水は決して夏場だけではない。

体調不良のときこそ脱水症状に注意する。

乳幼児の脱水症状のサインに気を配る。サインがでているなら診察を受ける。

水分補給におすすめはORS(経口保水液)。下痢や汗をかいた時は、塩分(ミネラル)が必用。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする