「子どもの発熱」自宅ケアの方法と病院に行くべきかの判断基準

発熱を理解して適切なケアを

子どもの40度を超える発熱を初めて体験した時は、驚かれるママがとても多いです。
ぐったりして、元気がない表情を見ると、なんとかしてあげたいという気持ちになります。

しかし、発熱自体は悪いことではありません。

むしろ、体温を上昇させることで、ウイルスや細菌の活動が弱まらせ、有利に戦うことができるのです。

とはいえ、熱は悪いことではないとは理解していても、子どもがしんどいことにかわりはありません。

ママ、パパとして自宅でできるケアと、病院に連れて行く判断基準を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

発熱時の自宅ケアの方法

子どもの発熱は何度から?

目安ではありますが、2歳頃までは

37.5度までは平熱。
37.5度〜37.9度はクレーゾーン
38度以上が発熱 です。

大人であれば、37度を超えると発熱と考えてしまいますが、約1度も違いがあるのです。

また、子どもの場合は、入浴や食事、泣いた後、体を動かして遊んだ後は体温が高くなっているため、37.5度を超えていても慌てず、時間をおいてから再度体温を計りましょう。

子どもはまだ体温調節機能が未熟なため、短時間で体温が上がったり、すぐに下がったりします。

体温だけにとらわれず、しっかりと観察し、子どもの状態を確認しましょう。

体温について理解できたら、
発熱した際の適切な自宅ケアの方法を確認しておきましょう。

子どもが快適に過ごせるように整える

室内は快適な温度で過ごしやすくする。
エアコンや扇風機は直接風があたらないように。

発熱時(体温の上がり始め)は悪寒を感じます。
その場合は、毛布や衣類で保温をしましょう。

熱が上がりきったら、保温を終了します。
毛布や服は適度に。

乾燥時は加湿、保湿を心がけて下さい。

水分補給はこまめに

熱が上がりきると、食欲もなくなります。
「栄養を補わなければいけない」と考え、無理にたくさん食べさせる必用はありません。体には蓄えもあります。

しかし、水分補給はこまめにする必用があります。
子どもが好むもので大丈夫です。

乳児は母乳やミルクのみで問題はありません。

汗はかいた方が早く治る?

稀に、「汗をかかせて早く治す」という発想をお持ちの方がいますが、汗をかいたからといって、早く治るわけではありません。

逆に、大切な水分が失われてしまい、脱水になることもあります。

実際に、風邪が治り、平熱に戻るときに汗をかく事があります。これは、体温を上げておく必用がなくなったので、汗をかいて体温を下げる自然現象です。

この部分だけを真似して、無理に汗をかかせても意味がありませんので、ご注意を。

お風呂は入ってもいい?

お風呂に入れるか入れないかは、意見が様々です。
お風呂に入ったからといって、風邪が悪化することはないので、子どもの気持ちを優先してよいでしょう。

ただし、お湯の温度が熱すぎたり、長風呂は注意して下さい。
熱がこもってしまい、しんどくなります。また、大切な水分が失われてしまいます。

体が汚れているなどの理由でどうしても、お風呂に入れたい時は、シャワーだけでもよいですし、タオルで拭くくらいでも良いでしょう。但し、今度は体が冷えないように注意が必用です。

子どもを病院に連れて行く必用があるか見極めるポイント

  • 発熱してすぐに病院に行った方がよいのでしょうか?
  • ちょっとした熱であれば、様子をみた方がよいのでしょうか?
  • 早く診てもらったら、早く治るのでしょうか?
  • 熱が何度になったら病院に行くべきでしょうか?

このような悩みはいつの時代もあります。
子どものためを思うと、早めの受診が良いとは思いながらも、大した風邪ではないのに、わざわざ病院に行って、ウイルスをもらってしまう可能性もある、と考えると躊躇してしまいますよね。

また、体温で判断するのも難しいのです。子どもの平熱もそれぞれです。
体温調整機能がまだ未熟なこともあり、体温が高いけど、元気ということもあります。

では一番の判断材料は何でしょうか。答えは、

子どもをしっかり観察することです

体温のみではどうしても判断が難しので、子どもの状態を診てあげてください。
生後3ヶ月以上であれば、

少し体温が高くても

  • 水分、食事が普段通り取れている。
  • 普段通り遊んでいる。
  • 普段通り変わらず寝ている。

なら、様子をみてもよいでしょう。
熱が出ていて、いつもと様子が違うのであれば、受診するのが良いでしょう。

赤ちゃんの場合は分かりにくいと思われるかもしれませんが、大人と違い正直ですので、態度に表れます。
体調が悪ければ、ミルクの量は減りますし、睡眠にも変化がでます。
おもちゃにも関心をしめさなくなったりと、機嫌が悪いと気づきやすいでしょう。

生後3ヶ月未満の発熱は早めの受診を

生後3ヶ月未満はまだまだ未熟です。

「抵抗力が弱い」=「防衛反応が弱い」=「症状が出にくい」

ため、発熱以外で症状がでず、機嫌が良いこともあります。

ミルク(食事)や遊び、睡眠に症状がでなければ、判断が難しいので、念のための受診が必用です。

他人やネットの意見よりも親の直感が大切!

日頃から、一番子どもを観察しているのは、やっぱりママやパパです。
ちょっとした子どもの変化に気づくことができるのは、あなたしかいません。

色々な情報を鵜呑みにするより、子どもの状態を察して直感に頼ることも大切です。
また、不安ながらも、ずっと様子を見ていると、ママやパパも辛いかと思います。

病院で診てもらう=薬で治してもらう
いという感覚ではなく、

重大な病気ではないか、専門医にチェックしてもらう
という感覚が良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする